新着情報


『牡蠣』



牡蠣(かき)の季節になりました。

10月はまだ気温も高く、なんとなくまだ牡蠣を食べる気分にはなれませんでしたが、11月の声を聴くとともに冷え込んできて、牡蠣の季節になったなと感じます。
福山の県立歴博で『発掘された日本列島2018』展が始まりますが、最近縄文時代が脚光を浴びています。その縄文時代の貝塚からは、ハマグリに次いで牡蠣の殻が多く見つかっています。あの時代から牡蠣は獲れて食されていたということですから、あの時代の人も牡蠣が好きだったのでしょう。もちろん、牡蠣の養殖は室町時代から始まってそうですから、自然の岩に付いたものだったのでしょうから、それは美味しいかったと思います。

さて、ギャラリーFでは、下記のような展覧会を開催いたします。
是非、ご来廊、ご高覧いただきますようお願いいたします。  
 




つばき陶房展

府中町公民館の陶芸グループの皆さんの作品展です。
毎年、個性豊かな作品で遠くから見に来られる方も多く、人気の展覧会です。
今年はどんな作品が見られるのか楽しみです。

<会期>11月9日(金)〜13日(火)
           10:00〜17:00 <入場無料>

つばき陶房 つばき陶房 つばき陶房
写真は前回のものです。



『クレイ&書 串本陽子作品展 』

クレイでランの花など創作される串本先生が今回は花嫁人形もクレイで創作。長年たしなまれています書も併せて展覧されます。
是非、ご高覧ください。

<会期>11月22日(木)〜26日(月)
10:00〜18:00  
          ※ 初日22日は14:00より、最終日は16:00まで

串本陽子




平成31年の干支“亥”アート展


毎年恒例となりました来年の干支の展覧会。平成最後の年は“亥”イノシシです。
今回も様々なジャンルの作家の方が出品される予定です。
今年はどんな作品が見られるのか楽しみいっぱいの干支展です。(販売もします)

<会期>12月8日(土)〜14日(金)
           10:00〜17:00 <入場無料>

(出品予定)
中内共路/日本画、   浅埜水貴/日本画、   秋村紀代美/現代造形、
丹田和宏/版画、鉛筆画、   住吉美穂/切り絵、   
平野月子/押し絵、       土井三千生/版画など、
田中聡/イラスト・カレンダー、   チクチク会/布創作
ふれあい共同作業所くちわ(庄原)/木工置物、   東寿園作業所(庄原)/土鈴、

土井版画版画 土鈴土鈴1 土鈴 土鈴2 切り絵 切り絵 押し絵 押し絵 現代造形 現代造形 丹田 版画




2018年11月13日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804


★ ギャラリーFの“ブログ”も見て下さい。≪URLは、下欄にあります≫