新着情報


浅蜊(あさり)



魚屋の店頭に浅蜊が並んでいた。

浅蜊は昔は何処でも“漁れ”ば獲れたので、アサリと言われるようになったとか。
子供の頃は、貝掘り解禁日には母と干潟へいき、ずた袋(土のう袋のような袋)二つくらいは獲って帰っていたことを思い出します。
貝を家に持って帰って砂や土を吐かすのが大変でしたが、やはり美味しかったことも昨日のことのようです。

子供の頃潮干狩りに行ったあの海岸は今は、もう埋め立てられて無くなっているようですが、それは昭和30年頃の話。
このように遠い昔のことはよく思い出すのですが、最近、近い過去の平成のことが思い出せないことが多くなりました。

ギャラリーFでは、平成の府中町の景色・情景を写真で紡ぐ伊勢村耕充先生の展覧会と、平成に趣味で始めた水墨画をはじめ和裁などの展覧会を下記日程にて開催します。
是非お気軽にご来場ご高覧頂きますようご案内申し上げます。  
 




『伊勢村耕充 写真展 “ありがとう 平成Aki Fuchu”』
3月13日(水)〜18日(月) 10:00〜18:00

伊勢村

伊勢村さんは、安芸府中高校で英語教師そして教頭職として勤務されていましたので、ご存知の方も多いかと思いますが、府中町に住まわれて府中町の何気ない四季折々の情景をカメラに収め、間もなく終わろうとしている平成の点景を写真展という形で供覧される予定です。
是非、お気軽にご覧ください。 (無料です)




『敬己&良子“二人展”』
3月22日(金)〜28日(木) 10:00〜17:00
井上
ご主人は趣味で始めた水墨画を、また奥様は和裁を、その他色々創作したものを皆様に見て頂き、楽しんで頂ければと、平成の締めくくりにと展覧されます。カープ愛と趣味の創作意欲で作られたものなど、多数展示される予定です。
是非、気軽に楽しんで見て頂ければ幸いです。 (無料です)




2019年3月10日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804


★ ギャラリーFの“ブログ”も見て下さい。≪URLは、下欄にあります≫