新着情報


“玄鳥去(つばめ去る)”



春に飛来したツバメが子育ても終え、去っていきます。

毎年、近くのお店の軒先に巣を作り、子育てをするツバメ。
そして、こどもも大きくなり夏も終わりに近づくと南の国へ渡っていきます。
もう、あの糸を引くようなスピードで飛び交うツバメとはお別れです。温かい東南アジアとか、中にはオーストラリアまで行くものもいるとか。
そこで思ったのですが、日本にいるときは、子育てをし、田圃などの虫を獲ってくれるので、我々は多少のフン公害はあっても温かく見守りますが、これからツバメを受け入れる南の国はツバメとどのように接しているのでしょうか?ご存知の方がおられれば教えてほしい素朴な???です。

さて、ツバメも去り、夏も終わりを感じるこれからは、アートを楽しむ最高の季節ですので、お好みのアートで楽しんでください。今、ギャラリーFには下記のような絵を展示しています。

常設夏展
作家 ; 横山隆雄、中内共路、山浦めぐみ、浅埜水貴

浅埜01 浅埜水貴 日本画“内包”   
 横山隆雄01(版画;横山隆雄“猿猴橋”)           山浦(日本画;山浦めぐみ)       

2017年9月1日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804

★!★ ギャラリーFの“ブログ”も見てください。 ≪URLは、下欄にあります≫