新着情報


新元号



新しい元号は“令和”になった。

万葉集の歌からではなく序文(漢文表現)を典拠としたとのこと。
万葉集という歌集があることは周知のことですが、浅学の私はそれ以上は知らないところですので、にわか勉強。
“令和”は万葉集全20巻の第5巻梅花の歌32首の序文、
『天平2年正月13日に、師の老の宅にあつまりて宴会をひらきき。時に初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は・・・・・・(略)・・・・・宜しく園の梅を賦していささかに短詠を成すべし。』と、大伴旅人が大宰府に色々な人を呼び、梅の歌32首を詠んだところの序文。
この“令”と“和”を採ったとのことのようです。
世界中で元号が使われているのは日本だけですので、今回のことで万葉集とか短歌ことが世界中に紹介されることでしょう。1000年以上の昔に、31文字の短詩が4000首以上も書き残されているということが、世界中の人に知れるということは何か誇らしくも感じます。
 




万葉集    万葉集02

万葉集に関する本が私の本棚にもありました。写真のものは国宝で京博のもののようです。
反歌で万葉かなの次に平仮名で書かれており、作者は島根の益田に居たこともある柿本人麻呂であることくらいは私にもわかりましたが、それ以上は良く分かりません。




2019年4月5日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804


★ ギャラリーFの“ブログ”も見て下さい。≪URLは、下欄にあります≫