新着情報


“七十二候”



“寒の入り”、小寒になり、間もなく大寒になります。

この冬は殊のほか寒い。小寒や大寒を越えて“極寒”と言いたいところです。
ところで、二十四節気の小寒とか大寒はもともと中国で使っていた表記をそのまま使っているとか。それに対して、七十二侯は日本の気候風土に合わせ何度も改訂され表現されてきたとのこと。七十二侯の方がなんとなく我々にもピンとくる言葉で表現されているように思えるのはそのせいかと考えます。
しかし、自然に生えた芹(せり)など見たことのない都会暮らしの人にとっては、小寒初侯の『第67候 芹すなわち栄う』 と言われてもピンとこないのではないでしょうか。さすれば、今の七十二侯は明治時代に改めたもののようですので、“新”七十二侯を発案してもいいころかと思ったりします。
閑話休題。
ギャラリーFは、この寒さにも負けずと言いたいところですが、1月は色々雑事多く、2月から下記の展覧会を開催してまいります。
それぞれ、ジャンルは違いますが、楽しい個性豊かな作品が出展される予定です。
是非、ご来場ご高覧くださいますようお願いいたします。




『つばき陶房 作品展』


例年4月に開催されます陶芸グループ展です。今年は2月開催になりました。
20名弱のメンバーが個性豊かに楽しい作品を披露されます。大変賑やかな楽しい作品展です、乞うご期待!

(開催日)2月14日(水)〜12月18日(日)
(時間) 10:00〜17:00                  
 

 つばき陶房 つばき陶房(昨年の展示風景)   


 

『2018 両洋の若眼展』


例年1月に開催していました広島市立大学芸術学部の学部or大学院で研鑽されています若き芸術家の皆さんの作品展です。
今年で第5回の開催になります。毎年メンバーが変わりますので、今年はどんな作品がお目見えするのか楽しみです。是非ご高覧ください。

(開催日)2月22日(木)〜2月28日(水)
(時間) 10:00〜17:00                  
 

王子駿王子駿 『鳥の巣』(シルバーポイント画)
木須悠太木須悠太  『PF−1712』(油彩画)
加藤望加藤望  『たすけてあげる2』(銅版画・メゾチント)  

2018年1月12日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804


★ ギャラリーFの“ブログ”も見て下さい。≪URLは、下欄にあります≫