新着情報


臘月(ろうげつ)



12月の異称で師走は周知されていますが、臘月というのもあります。

12月8日はお釈迦様がさとりをひらいた日(成道会:じょうどうえ)として、今でも禅宗では座禅修行の後、臘八粥(臘月8日のかゆの意)という精進のかゆが供されるそうです。

臘月の名残は、この禅宗の一年に一度の12月の行事にだけ受け継がれているようです。


さて、ギャラリーFでも、一年に一度12月の催しのようになりましたが、下記のように今年も来年の干支(ねずみ)にちなんだ『子の展』を開催いたします。
是非、来年を想いご来廊ご観覧下さいますようご案内申し上げます。




2020年の干支『子の展』


2019年12月12日(木)〜17日(火)  
     10:00〜17:00 (入場無料)

8名の作家と1つのグループ、2つの作業所から来年の干支(ネズミ)に因んだ作品を出品していただきます。
ジャンルは、日本画、版画、木工、押し絵、土鈴、布創作、切り絵、イラストなどなど。
見ているだけでも楽しく、来年もよき年でありますようにと思える作品です。
是非この機会に“干支(ねずみ)の世界”を見に来てくださいますようお願いいたします。(販売もします)

hirano平野月子(押し絵)tanda丹田和宏(版画)
  kuchiwa庄原のくちわ作業所(木工)
tanda井上敬己(水墨画)
doi doi土井三千生(スタンプ版画) chikuchikuチクチク会(布創作)
tojyuen東城の東寿園作業所(土鈴)

≪画像以外の出品者≫
中内共路(日本画)、田中聡(イラスト)、住吉美穂(切り絵)、





2019年11月26日
  by ギャラリーF  :  檀浦   電話080-1946-1804

★ ギャラリーFの“ブログ”も見て下さい。≪URLは、下欄にあります≫